外部寄生虫による症状|幅広い害虫駆除に役立つ薬/レボリューション(大型犬用)の購入方法

幅広い害虫駆除に役立つ薬/レボリューション(大型犬用)の購入方法

外部寄生虫による症状

水と薬

レボリューション(大型犬用)を投与してあげることで、外部寄生虫と内部寄生虫の両方を徹底して駆除することができます。
しかし、これらの害虫がそもそもどんな症状の原因となるのかを知っていなければ、レボリューションを購入していたとしても投与するタイミングがわかりませんよね。
そこで、まずは外部寄生虫と内部寄生虫による症状をそれぞれ紹介しておきましょう。

まず外部寄生虫についてですが、代表的なのはノミやダニです。
体に付着すると痒みを引き起こすことで有名ですが、これはペットたちにとっても同じです。
吸血動物と呼ばれている彼らは、犬の体に付着し、そこから血を吸って栄養を補給します。
血を吸われた部分は次第に痒みを増し、我慢できずについ掻きむしってしまうのです。
あまり体を掻きすぎると、皮膚が傷つき、そこから雑菌が入って化膿してしまう危険もあります。
また、1匹のノミ・ダニからの吸血量は微量ですが、彼らの繁殖能力は凄まじく、1日で50個近くのタマゴを産みつけます。
放置していればあっという間に群がってしまい、総合的な吸血量も多くなってしまいます。
これによって栄養失調や貧血を引き起こす可能性もあるので注意しましょう。
その他、アレルギー反応や皮膚の炎症も、外部寄生虫による大きな症状として有名です。